さまざまなご事情で店舗を閉めたいと考えられているみなさまへ、物件や、オーナーや管理会社との関係など、ケースバイケースでお悩みをお答え致します。

居抜き譲渡とは何ですか?
賃貸物件において、借主が前借主から引き継いだ造作や、自ら造作工事を行った賃貸スペースを次の借主に売却することをさします。テーブルセットなどの什器や調理器具や冷蔵庫などの設備も居抜き譲渡の対象となっている場合もあります。
どんな賃貸物件でも居抜き譲渡ができるのですか?
契約書の特約などで居抜き譲渡が許可されている物件が原則的に対象となります。特約などに記載がない場合には、オーナーや管理会社に許可を得られれば居抜き譲渡できます。
居抜き譲渡を認めてもらうための交渉では、何を伝えれば認められますか?
今の契約書にスケルトン返し条項や清掃費用の特約など、借主に対する特別の負担があれば、それらを次の借主に承継する条件であれば許可されやすいと思います。